求人票から求人先企業を見分けるポイント

 転職活動の経験が長くなると、求人先企業の特色などが求人票を見ただけである程度分かってきたりします。

 

 最近時おり見かけるのが、「応募者全員と面接をします」というものです。もちろん全部ではありませんが、この記載をする企業はよく言えば「人物重視」という特徴を表しています。

 

 面接をするにあたっては、「この人なら」という見当はつけてはいますが、面接次第によっては入社の可能性があるかもしれません。また、応募者多数が予想されるので、履歴書・職務経歴書を読み込んでいる時間がないという事情も考えられます。

 

【お役立ち情報】
高卒の転職紹介
求められるスキルやキャリア、高卒の転職に必要な情報をご紹介。

 

 このタイプの企業の面接を受ける場合には、なるべく印象に残ることを心がけます。全員と面接をすると言っているぐらいですから、応募者数イコール面接者数です。その中で、印象に残らないと、そもそも採用の検討にすらあげてくれません。転職の応募者側からすると考えられないかもしれませんが、面接官は面接の場で職務経歴書や履歴書に目を通すということは珍しくありません。人事部の採用担当と、面接官とは別になっている企業は多いです。

 

 応募者としては、初見であるかもしれない職務経歴書について、補足してアピールするような面接をしなければ印象に残してもらえないことになるんですね。求人先企業によっては、このような事情で面接の対応をしている可能性があることを応募者側も認識していることで、より余裕をもった面接をすることができると思います。