【大卒フリーターのブランクを考える】

 

 新卒で就職しなかった、いわゆる大卒のフリーターが就職活動をする場合に大学卒業からのブランクを意識する必要があります。本来就職していたとしたら、1年、2年の実務経験を積んでいる事になります。

 

 このブランクを100%埋める事は、非常に困難です。そして、このブランクが長くなるほど就職率は下がる事が多いです。そして、フリーターを望んでいた場合もあるかもしれませんが、就職をしたいけれど、やむを得ずフリーターでいるという方もいると思います。ブランクを埋めるだけの意欲を持っているのか?また、ブランクを解消するだけのスキルを持っているのか?と言う部分でも自分を見つめ直してみて下さい。

 

【ブランクを埋める努力は必要】

 

 フリーターをしていたとしても、何らかの職業についていたならば社会人としても経験値は持っているはずです。正社員でなければスキルとして認めないという事は、一切ないのですから卑屈になるのはやめましょう。そして、就活をする前に社会人としてのスキルをチェックすることも大切です。こうした、就活支援のセミナーや講習会も多く開催されているので、そこで改めて実践して身に着ける事も大切です。講習などに参加しただけでも自信につながります。