転職への思いが強くなりすぎるあまり、いま在籍している会社を退職して転職活動一本に絞ろうとする人がたまにいますがこれはあまりおすすめできません。採用を担当する人事の目線から見ると、この厳しい経済状況の中で次の職業が決まっていないのに退職するのは無謀と取られかねず、場合によっては思慮に欠ける人物であるとみなされてしまう可能性があります。退職することで退路を断ち、就職活動に専念したといえば聞こえがいいですが、世の中の多くの人は仕事をしながら転職活動も行い、そして転職しています。それを仕事をしていては転職活動ができないからと答えたのでは、スケジュール管理能力を疑われても仕方がありません。

 

 社会人としては基本ともいえる自己管理能力を欠いた人を採用担当者が選ぶかといえばそれはNOと言わざるを得ず、そのアピールはむしろ逆効果といえるでしょう。このように採用する側の印象の悪さに加えて、経済面でのデメリットもあります。仕事を辞めるということは収入を失うということであり、ある程度の蓄えは作ってあるでしょうがそれでも焦りは生じるものです。転職はそう簡単に成功するものではないですから、じっくり腰を据えて挑まねばならないときもあるはず。そんなときに無収入の状態であれば、否が応にも精神的に追い詰められていってしまうでしょう。