中高年者が転職をする一番の理由はリストラや、いわゆる肩たたきにあったことが多いと思います。やはり年齢のこともあるため、転職にはなかなか踏み切れず勤務している職場で我慢して働いてきたものの結局、業績の悪化等に伴い会社を辞めることになる人が多いように思います。
 生活のことを考えた際、正社員を目指して転職する方が多いと思うのですが、年齢のことからも、なかなか正社員の道は厳しいのが現状だと思います。

 

 私は、やはり職業安定所に行くことをおすすめします。職安は公的な機関なので安心して転職活動をすることが出来ますし、求人の絶対数も圧倒的だと思います。年齢が若ければ、就職サイトや求人情報誌でも転職活動は可能だと思いますが、中高年という年齢からも、職安において活動するほうがいいかと思います。

 

 また、雇用する側としても、職業安定所からの紹介で面接に来た人を採用したい傾向にあるようです。職安を通じて紹介された人を雇用すると、企業側も補助金をもらえるばあいがあることが、その理由です。

 

 今、転職を考えている中高年の方には、少しでも早く転職活動をすることをおすすめします。転職をするには、一才でも若い方が有利です。悩んでいる間にも時間は立っていき、年をとりますので、少しでも早く決断をし、行動することが重要です。
 また、資格を取得すると、転職には大変有利になります。正社員としての道が開けるだけでなく、資格手当てがついたりするので、今の仕事よりもお給料が上がる可能性もあります。