現在の高卒者の就職状況はアベノミクス効果で景気が向上しているとはいえ、まだ油断の出来ない状態になっています。

 

高卒者が就職活動をする場合、多くで問題視されているのが、なぜ大学に行かなかったのか、また今日まで何をしてきたのか、この2つが課題になると思います。

 

大学に行かなかった理由については、家庭の資金的事情などがあると思いますが、借金や問題行動が含まれていると就職活動においては不利になります。また家庭の事情で大学に行けなかったことで、それまでの間、家庭を支える為に行ってきた事・将来の為に何をすべきかを考えてきた事がなければ、マイナス評価につながる為、納得いく高卒の理由を築いておきましょう。

 

一番効果的なのは、高校を卒業してから現在まで行ってきた取り組みの延長線上として就職する形、つまりアルバイトであれば、その業務内容を更に力を入れるために、正社員として働きたいという理由が一番合理的だと思います。

 

その為、結果的に就職活動用のサイトで探すより、アルバイトなどを行うことで最終的に職を就く形が一番いいです。現在では0から教育するという企業が増えている為、高卒でも将来は手に技術のあるキャリアを組めるところがあると思います。

 

故に研修が充実している企業を探し、そこからどのようにキャリアアップするかを視野に取り組んでいく事が高卒での一番効果的な就職活動だと思います。

 

リクナビ・マイナビを見てみますと大卒や専門学校を募集する企業が多くあると思いますが、悲観的に考える必要はありません。現在安倍政権が目指している労働環境は雇用維持型から労働移動支援型へとシフトしようとしています。

 

つまり今後は他業界へ移れるほどのポテンシャルが備わった人が評価される時代になっていくのです。高卒は大卒と比べ、早いうちに社会経験をする形になる為、スキルや経験が一番備わっている人材として育つ可能性が秘めているのです。

 

その為、高卒を悲観的にとらえるのではなく、経験が一番長いと前向きに考えて取り組めば、良い人生を築くことが出来ると思います。

 

参考サイトはこちら
中央職業能力開発協会(JAVADA)
職業訓練について

 

高卒者にお勧め求人サイト一覧
高卒者の就職活動方法とは

 

未経験者向き転職サイト一覧
転職が初めてで未経験の方へ

 

施工管理向け転職
施工管理者に就職したいならこちら

 

既卒の就活の進め方
既卒の就活で大切なことなど